HOME  > ワイヤレスM2Mサービス > ソリューション
ワイヤレスM2Mサービスでビジネスはこう変わる!ソリューション
  • トップ
  • IoT/M2Mとは
  • ソリューション
  • 商品紹介
  • 活用事例
  • 導入事例
NECマグナスコミュニケーションズの「ワイヤレスM2Mサービス」の導入により、下記のソリューションが実現できます。
コスト削減ソリューション 業務効率化ソリューション 収益向上ソリューション

コスト削減ソリューション

(1)ランニング費用の削減

固定回線(PSTN)を利用した場合、少量のデータをやりとりするにも基本料+従量(数千円/回線)のランニングコストが必要になります。これを「ワイヤレスM2M」にすれば、1回線あたり数百円で済み、大幅なコストダウンを実現できます。

(2)イニシャル費用の削減

固定回線を利用した場合、機器に回線をつなぐための引込み・配線工事が必要になりますが、「ワイヤレスM2M」であれば、回線工事が不要になり、イニシャルコストの削減につながります。
▲ページTOPへ

業務効率化ソリューション

(1)リソース(人員)の有効活用

従来、マンパワーで行っていた機器の監視・管理、データ収集等の業務を「ワイヤレスM2M」に任せることで、大幅な省力化が可能になり、より有効に人員を活用できるようになります。また、現場までの移動、データの登録作業などが不要になるため、作業時間の短縮も実現できます。

(2)業務エリアの拡大

有線回線が引けない場所やPHS回線の電波状況が悪い場所に設置してある機器であっても、3G/LTE回線を使用する「ワイヤレスM2M」であれば、遠隔監視・管理が可能に。これにより、人員や手間を割くことなく、より幅広いエリアをカバーできるようになります。
▲ページTOPへ

収益向上ソリューション

(1)新サービスの創出

「ワイヤレスM2M」の通信機器にWiFi機能などを付加することで、たとえば、携帯電話の決済機能を使って自動販売機のドリンクを購入したお客様に、関連商品のクーポンや広告情報等を自動配信するなどといった新たなサービスの可能性が拡がります。

(2)異業種間アライアンスによる協業・連携

「ワイヤレスM2M」で取得した各種情報を収集・分析し、リアルタイムのマーケティングデータとして異業種間で相互利用することにより、新たなビジネスモデルの創出が期待できます。

▲ページTOPへ