HOME > M2M商品 > LTEモジュール内蔵ルータ uM310R

「5月受注開始、9月出荷開始予定」

LTEモジュール内蔵ルータ uM310R
商品概要 特長 仕様 商品ラインナップ システム構成図 活用事例
お問い合せ
「uM310R」は、国内3キャリアのLTE回線用SIMカードが利用可能で、有線LAN、 無線LAN、有線WAN等のインタフェースを実装したIoT/M2M用ルータです。弊社従来製品(uM300L)に比べ、機能限定と小型化(50%減)により、経済性と運用性の向上を実現しています。
特長
(1)
主要3キャリア (NTTドコモ/ソフトバンク/au (KDDI))のLTE用SIMでの利用が可能
下り最大:150Mbps、上り最大:50Mbpsの通信に対応。(MIMO動作時)
   
(2)
VRRP (仮想ルータ冗長プロトコル)をサポート
回線、機器の冗長に対応可能
   
(3)
小型軽量なコンパクトサイズ
従来機種(uM300L)よりも約50%の小型化
   
(4)
FWのカスタマイズが可能
お客様のシステムに合わせプログラムの実装が可能(個別対応)※
   
(5)
複数のインタフェースを実装
有線LAN、無線LAN、有線WANに対応
   
(6)
多様なルータ機能を標準搭載
スタティックルーティング、NAPT、ポートフォワードなどのルーティングに加え、
VPN機能(IPSec、PPTP、L2TPなど)やパケットフィルタリング機能により
インターネット接続時のセキュリティも確保。
   
(7)
M2M環境に即した高品質で安定した運用が可能
電波環境の悪化や通信エラーなどの予期せぬ事態に備え、自己リセットや
定期再起動などの機能を具備し、安定的に通信を確保。
また、リモートでの各種設定、ログ取得、バージョンアップが可能。
   
(8)
過酷な環境に対応
温度:-20℃〜+60℃、湿度:20%〜90%RH(結露無きこと)
   
※将来予定

▲ページTOPへ
仕様
<ハードウェア>
ハードウェア仕様


<ソフトウェア>
ソフトウェア仕様
▲ページTOPへ
システム構成図