HOME > ネットワーク商品 > 光アクセスシリーズ > 光一心/二心式メディアコンバータ XM1600/XM100/GM3200/GM100/ME3200

光一心/二心式メディアコンバータ

XM1600
XM100
GM3200
GM100
ME3200
ME100

XM1600/XM100/GM3200/GM100/ME3200

 
10GBASE-SR/LR,1000BASE-SX/LX,100BASE-TX,10BASE-Tのイーサネット信号を光ファイバで延長するメディアコンバーターです。一心光ファイバで最大60q、二心なら最大80qの超長距離伝送を実現します。

高密度実装
センタ装置に10Gタイプ、1Gタイプや100Mタイプを混在実装できるため、CAPEX/OPEXを削減します。
※10Gタイプは最大16枚、1Gタイプまたは100Mタイプのみの場合は、最大32枚実装可。
一心双方向に加えて二心双方向をラインナップ
一心光ファイバを用いて、最大60kmの伝送が可能です。また二心双方向タイプでは最大80qの超長距離伝送を実現します。
障害切り分け機能・監視機能
既存ME3200/GM3200と同じ保守機能により、集合装置から単体装置をリモート監視制御可能。保守や障害切り分けが容易に行えます。
a) ループバック機能を有しています。
b) LAN側ケーブルや光ファイバの断障害、また単体装置の電源断障害などが、集合装置側で監視可能です。
 
リンクパススルー機能
万が一、通信区間においてリンク断が発生したときには、本機能により、リンク断箇所をすばやく検出し、早期復旧に寄与。安定した通信サービスを実現します。
保守・運用機能
SNMP、CLIおよびWebブラウザにより、集合/単体装置を遠隔地から監視/制御できます。
余長処理部の内蔵
単体装置は光ファイバ余長処理部を内蔵しており、安全で効率良く光ファイバを収容可能です。

▲ページTOPへ


アプリケーション例
XM1600/GM3200/ME3200

XM1600

■センタ側集合型仕様
項目 内容
品名(CH盤種別)※1 IFX1R-C/M IFX1R-C/L
端末側 ポート数 最大16 (1port/slot)
インタフェース XM-SFP+/SR または XM-SFP+/LRを実装することにより、それぞれ、10GBASE-SR または 10GBASE-LRを実現
速度 10Gbps Full 固定
接続ケーブル XM-SFP+/SR実装時:MM型光ファイバケーブル
XM-SFP+/LR実装時:SM型光ファイバケーブル
コネクタ LC型光コネクタ
伝送路側 回線数 最大16 (1port/slot)
伝送路 SM型光ファイバケーブル
光ファイバ心線数 1心
コネクタ LC型コネクタ
波長方式 送信:1.33μm帯/受信:1.27μm帯 WDM方式
送信パワー -1〜+6dBm 0〜+6dBm
受信パワー -14〜+1dBm -20〜-8dBm
伝送距離※2 20km以内 40km以内
ランプ表示
(CH盤前面に表示)
PWR:電源供給状態
OPT:伝送路側リンク状態
LNK:端末側リンク状態
TST:試験状態
VCCI Class A
設置方法 ME3200サブラックに実装(サブラックは19インチラックに実装可能)
環境条件 温度:0〜40℃
湿度:30〜85%RH (但し、結露しないこと)


※1:センター側の回線インタフェースに合わせて、リモート装置側を選択して下さい。センター側が中距離版(IFX1R-C/M)の場合はXM100R-R/Mを、センター側が長距離版(IFX1R-C/L)の場合はXM100R-R/Lをご使用下さい。同一サブラック内にて、中距離版/長距離版の回線インタフェース盤の混在が可能です。回線インタフェース盤をフル実装しない場合、空きスロットに回線インタフェース盤ブランクパネルを実装して下さい。

※2:伝送距離は、伝送路に用いる光ファイバケーブルの損失・分散及び光コネクタやスプライス箇所などの結合損失により異なります。


▲ページTOPへ

GM3200-IFG1X/「」
項目 内容
品名(Ch盤種別)※1 GM3200-IFG1X/M GM3200-IFG1X/L GM3200-IFG1X/XL GM3200-IFG1X/EL
端末側 ポート数 最大32 (1port/slot)
インタフェース GM3200-SFP/SXまたはGM3200-SFP/LXを実装することにより、 1000BASE-SXまたは1000BASE-LXを実現
速度 1000M Auto
1000M Full 固定
接続ケーブル GM3200-SFP/SX実装時 :MM型光ファイバケーブル
GM3200-SFP/LX実装時 :SM型光ファイバケーブル
コネクタ LC型光コネクタ
伝送路側 回線数 最大32 (1port/slot)
伝送路 SM型光ファイバケーブル
光ファイバ心線数 1心
コネクタ SC型光コネクタ LC型光コネクタ
波長方式 送信:1.49μm帯/受信:1.31μm帯 WDM方式 送信:1.55μm帯
受信:1.55μm帯
送信パワー -5〜0dBm -2〜+3dBm -2〜+3dBm -2〜+3dBm
受信パワー -21〜0dBm -24〜0dBm -28〜-8dBm -33〜-8dBm
伝送距離※2 約20km 約40km 約60km 約80km
ランプ表示
(CH盤前面に表示)
PWR:電源供給状態
OPT:伝送路側リンク状態
LNK:端末側リンク状態
TST:ループバックテスト状態
VCCI Class A
設置方法 ME3200サブラックに実装(サブラックは19インチラックに実装可能)
環境条件 温度:0〜40℃
湿度:30〜85%RH (但し、結露しないこと)

※1:センター側の回線インタフェースに合わせて、リモート装置側を選択して下さい。センター側が中距離版 (GM3200-IFG1X/M)の場合はGM100X-R/MまたはGM100TR-R/Mを、センター側が長距離版(GM3200-IFG1X/L)の場合はGM100X-R/LまたはGM100TR-R/Lをご使用下さい。同一サブラック内にて、中距離版/長距離版の回線インタフェース盤の混在が可能です。回線インタフェース盤をフル実装しない場合、空きスロットに回線インタフェーススロット盤ブランクパネルを実装して下さい。

※2:伝送距離は、伝送路に用いる光ファイバケーブルの損失・分散及び光コネクタやスプライス箇所などの結合損失により異なります。


▲ページTOPへ

GM3200-IFG1X/「」(T)
項目 内容
品名 GM3200-IFG1X/M(T) GM3200-IFG1X/L(T) GM3200-IFG1X/XL(T) GM3200-IFG1X/EL(T)
端末側 ポート数 1
インタフェース 1000BASE-T
速度 1000M Auto
接続ケーブル UTPケーブル(Cat5e以上)
コネクタ RJ-45コネクタ
伝送路側 回線数 最大32 (1port/slot)
伝送路 SM型光ファイバケーブル
光ファイバ心線数 1心
コネクタ SC型光コネクタ LC型光コネクタ
波長方式 送信:1.49μm帯/受信:1.31μm帯 WDM方式 送信:1.55μm帯
受信:1.55μm帯
送信パワー -5〜0dBm -2〜+3dBm -2〜+3dBm -2〜+3dBm
受信パワー -21〜0dBm -24〜0dBm -28〜-8dBm -33〜-8dBm
伝送距離
(参考値)
約20km 約40km 約60km 約80km
ランプ表示
(CH盤前面に表示)
PWR:電源供給状態
OPT:伝送路側リンク状態
LNK:端末側リンク状態
TST:ループバックテスト状態
VCCI Class A
設置方法 ME3200サブラックに実装(サブラックは19インチラックに実装可能)
環境条件 温度:0〜40℃
湿度:30〜85%RH (但し、結露しないこと)


▲ページTOPへ

ME3200
項目 内容
品名(Ch盤種別)※1 ME3200-IF1/M-N-V ME3200-IF1/L-N-V
端末側 ポート数 最大32 (1port/slot)
インタフェース 10BASE-T/100BASE-TX
速度 10Mbps(半二重/全二重)
100Mbps(半二重/全二重)
AUTO※2
接続ケーブル UTP(カテゴリ5)
コネクタ RJ-45(MDI)
伝送路側 回線数 最大32 (1port/slot)
伝送路 SM型光ファイバケーブル
光ファイバ心線数 1心
コネクタ SC型光コネクタ
波長方式 送信:1.55μm帯/受信:1.31μm帯、 WDM方式
送信パワー -9〜-3dBm -6〜0dBm
受信パワー -30〜-3dBm -33〜-3dBm
伝送距離※2 20km以内 30km以内
ランプ表示
(CH盤前面に表示)
PWR:電源供給状態
OPT:伝送路側リンク状態
LINK:端末側リンク状態
100:端末側10Mbps/100Mbps
FUL:端末側半二重/全二重
VCCI Class A
設置方法 ME3200サブラックに実装(サブラックは19インチラックに実装可能)
環境条件 温度:0〜40℃
湿度:30〜85%RH (但し、結露しないこと)

※1:センター側の回線インタフェースに合わせて、リモート装置側を選択してください。センター側が中距離版(ME3200-IF1/M-N-V)の場合はME100-R1/M-Vを、センター側が長距離版(ME3200-IF1/L-N-V)の場合はME100-R1/L-Vをご使用下さい。同一サブラック内にて、中距離版/長距離版の回線インタフェース盤の混在が可能です。回線インタフェース盤をフル実装しない場合、空きスロットに回線インタフェース盤ブランクパネルを実装して下さい。

※2:オートネゴシエーションと速度10Mbpsに固定したオートネゴシエーションが可能です。

※3:伝送距離は、伝送路に用いる光ファイバーケーブルの損失・分散及び光コネクタやスプライス箇所などの結合損失により異なります。

▲ページTOPへ

ME3200共通部(サブラック電源CTRL1盤)仕様
項目 内容
パッケージ名称 GM3200-CTRL1-2
※回線IFG盤(1Gbps)/回線IF盤(100Mbps)の監視制御が可能
GM3200-CTRL1-3
※回線IFX盤(10Gbps)/回線IFG盤(1Gbps)/回線IF盤(100Mbps)の監視制御が可能
制御・監視方式 SNMP、CLIおよびWebブラウザによる
(SNMP v1)
使用電源 DC電源盤:DC-48V±10%, AC電源盤:AC100V±10%(50Hz/60Hz)
最大消費電力 300W(32枚フル実装時)
冷却方式 強制空冷(FAN使用 ※2)
質量 25kg以下(32枚フル実装時)
外形寸法 ※3 430(W)×466(D)×132(H)mm (突起物を除く)
VCCI Class A
設置方法 ME3200サブラックに実装(サブラックは19インチラックに実装可能)
環境条件 温度:0〜40℃
湿度:30〜85%RH (但し、結露しないこと)

※1:サブラックには、電源盤は添付していません。(DC電源盤又はAC電源盤は、別手配必要)
電源二重化しない場合、電源盤ブランクパネルを実装してください。

※2:ファンが故障した場合は、電源盤の交換になります。

※3:ケーブル余長処理部は、本外形寸法には含まれておりません。


▲ページTOPへ

■リモート側単体装置仕様

XM100
項目 内容
品名(Ch盤種別)※1 XM100R-R/M XM100R-R/L
端末側 ポート数 1
インタフェース XM-SFP+/SR または XM-SFP+/LRを実装することにより、それぞれ、10GBASE-SR または 10GBASE-LRを実現
速度 10G Full 固定
接続ケーブル XM-SFP+/SR実装時:MM型光ファイバケーブル
XM-SFP+/LR実装時:SM型光ファイバケーブル
コネクタ LC型光コネクタ
伝送路側 回線数 1
伝送路 SM型光ファイバケーブル
光ファイバ心線数 1心
コネクタ LC型光コネクタ
波長方式 送信:1.27μm帯/受信:1.33μm帯 WDM方式
送信パワー -1〜+6dBm 0〜+6dBm
受信パワー -14〜+1dBm -20〜-8dBm
伝送距離※2 20km以内 40km以内
ランプ表示
POWER:電源供給状態
LINK:端末側リンク状態
DATA:端末側データ送受信状態
OPT:伝送路側リンク状態
TEST:試験状態
ディップスイッチ SW1:動作モード/装置機能設定
SW2:装置機能設定
試験機能 ループバック試験(センター装置からの操作による)
使用電源 AC100V±10V (50/60Hz)
最大消費電力 約11W 約11W
質量 約500g (ACアダプタ除く)
寸法 193(W)×39(D)×170(H)mm(ACアダプタ及び突起物除く)
VCCI Class A
設置方法 卓上設置
環境条件 温度:0〜35℃または40℃
   (縦置き設置時 40℃対応、横置き設置時 35℃対応)
湿度:30〜85%RH (但し、結露しないこと)

※1:センター側の回線インタフェースに合わせて、リモート装置側を選択して下さい。
センター側が中距離版(IFX1R-C/M)の場合はXM100R-R/Mを、センター側が長距離版(IFX1R-C/L)の場合は XM100R-R/Lをご使用下さい。

※2:伝送距離は、伝送路に用いる光ファイバケーブルの損失・分散及び光コネクタやスプライス箇所などの結合損失により異なります。


▲ページTOPへ

GM100(1000BASE-X)
項目 内容
品名※1 GM100X-R/M GM100X-R/L
端末側 ポート数 1
インタフェース GM3200-SFP/SXまたはGM3200-SFP/LXを実装することにより、 1000BASE-SXまたは1000BASE-LXを実現
速度 1000M Auto
1000M Full 固定
接続ケーブル GM3200-SFP/SX実装時 :MM型光ファイバケーブル
GM3200-SFP/LX実装時 :SM型光ファイバケーブル
コネクタ LC型光コネクタ
伝送路側 回線数 1
伝送路 SM型光ファイバケーブル
光ファイバ心線数 1心
コネクタ SC型光コネクタ
波長方式 送信:1.31μm帯/受信:1.49μm帯 WDM方式
送信パワー -5〜0dBm -2〜+3dBm
受信パワー -21〜0dBm -24〜0dBm
伝送距離※2 20km以内 40km以内
ランプ表示
POWER:電源供給状態
LINK:端末側リンク状態
DATA:端末側データ送受信状態
1000M:端末側通信速度状態
OPT:伝送路側リンク状態
LOOP:試験状態
ディップスイッチ SW1:端末側ポート動作モード設定
SW2:装置機能設定
試験機能 ループバック試験(センター装置からの操作による)
使用電源 AC100V±10V (50/60Hz)
最大消費電力 12VA(SFP実装時) 12VA(SFP実装時)
質量 約500g (ACアダプタ除く)
寸法 190(W)×40(D)×125(H)mm(ACアダプタ及び突起物除く)
VCCI Class B
設置方法 卓上または壁掛け設置
環境条件 温度:0〜40℃
湿度:30〜85%RH (但し、結露しないこと)

※1:センター側の回線インタフェースに合わせて、リモート装置側を選択して下さい。
センター側が中距離版(GM3200-IFG1X/M)の場合はGM100X-R/Mを、センター側が長距離版(GM3200-IFG1X/L)の場合はGM100X-R/Lをご使用下さい。

※2:伝送距離は、伝送路に用いる光ファイバケーブルの損失・分散及び光コネクタやスプライス箇所などの結合損失により異なります。


▲ページTOPへ

GM100X-R/「」-201
項目 内容
品名 GM100X-R/M-201 GM100X-R/L-201 GM100X-R/XL-201 GM100X-R/EL-201
端末側 ポート数 1
インタフェース GM3200-SFP/SXまたはGM3200-SFP/LXを実装することにより、 1000BASE-SXまたは1000BASE-LXを実現
速度 1000M Auto
1000M 固定
接続ケーブル GM3200-SFP/SX実装時 :MM型光ファイバケーブル
GM3200-SFP/LX実装時 :SM型光ファイバケーブル
コネクタ SC型光コネクタ LC型光コネクタ
伝送路側 回線数 1
伝送路 SM型光ファイバケーブル
光ファイバ心線数 1心
コネクタ SC型光コネクタ
波長方式 送信:1.31μm帯/受信:1.49μm帯 送信:1.55μm帯
受信:1.55μm帯
送信パワー -5〜0dBm -2〜+3dBm -2〜+3dBm -2〜+3dBm
受信パワー -21〜0dBm -24〜0dBm -28〜-8dBm -33〜-8dBm
伝送距離
(参考値)
約20km 約40km 約60km 約80km
ランプ表示
(CH盤前面に表示)
PWR:電源供給状態
OPT:伝送路側リンク状態
LNK/DATA:リンク状態/データ送受信状態
1000M:速度
TST:ループバックテスト状態
CCM TX:Ether OAM送信フレーム
CCM RX:Ether OAM受信フレーム
試験機能 ループバック試験機能有(TS-1000/ETH-LB)
使用電源 ACアダプタ  AC100V±10V (50Hz/60Hz)
最大消費電力 約12VA 約15VA
質量 0.5Kg以下 (ACアダプタを除く)
寸法 190(W)×40(D)×125(H)mm (突起物除く)
VCCI Class B
設置方法 卓上設置(横置き設置/縦置き設置)   光余長トレイ内臓
環境条件 温度:0〜40℃
湿度:30〜85%RH (但し、結露しないこと)


▲ページTOPへ

GM100(1000BASE-T)
項目 内容
品名※1 GM100TR-R/M GM100TR-R/L
端末側 ポート数 1
インタフェース 1000BASE-T
速度 1000M Auto
接続ケーブル UTP(カテゴリ5e以上)
コネクタ RJ-45 AUTO-MDI MDI-X※2
伝送路側 回線数 1
伝送路 SM型光ファイバケーブル
光ファイバ心線数 1心
コネクタ SC型光コネクタ
波長方式 送信:1.31μm帯/受信:1.49μm帯 WDM方式
送信パワー -5〜0dBm -2〜+3dBm
受信パワー -21〜0dBm -24〜0dBm
伝送距離※2 20km以内 40km以内
ランプ表示
POWER:電源供給状態
LINK:端末側リンク状態
DATA:端末側データ送受信状態
1000M:端末側通信速度状態
OPT:伝送路側リンク状態
LOOP:試験状態
ディップスイッチ SW1:端末側ポート動作モード設定
SW2:装置機能設定
試験機能 ループバック試験(センター装置からの操作による)
使用電源 AC100V±10V (50/60Hz)
最大消費電力 12VA 12VA
質量 約500g (ACアダプタ除く)
寸法 190(W)×40(D)×125(H)mm(ACアダプタ及び突起物除く)
VCCI Class B
設置方法 卓上または壁掛け設置
環境条件 温度:0〜40℃
湿度:30〜85%RH (但し、結露しないこと)

※1:センター側の回線インタフェースに合わせて、リモート装置側を選択して下さい。
センター側が中距離版(GM3200-IFG1X/M)の場合はGM100TR-R/Mを、センター側が長距離版(GM3200-IFG1X/L)の場合はGM100TR-R/Lをご使用下さい。

※2:Auto MDI設定にするのか、MDI-X固定にするのかの選択スイッチ設定があります。

※3:伝送距離は、伝送路に用いる光ファイバケーブルの損失・分散及び光コネクタやスプライス箇所などの結合損失により異なります。


▲ページTOPへ

GM100T-R/「」-201
項目 内容
品名 GM100T-R/M-201 GM100T-R/L-201 GM100T-R/XL-201 GM100T-R/EL-201
端末側 ポート数 1
インタフェース 1000BASE-T, 100BASE-TX, 10BASE-T
速度 1000M以下Auto
1000M固定Auto
100M以下Auto
100M固定(Full/Half)
接続ケーブル UTP ケーブル(Cat.5e 以上)
コネクタ RJ-45コネクタ
LAN側 回線数 1
伝送路 SM型光ファイバケーブル
光ファイバ心線数 1心
コネクタ SC型光コネクタ LC型光コネクタ
波長方式 送信:1.31μm帯/受信:1.49μm帯 送信:1.55μm帯
受信:1.55μm帯
送信パワー -5〜0dBm -2〜+3dBm -2〜+3dBm -2〜+3dBm
受信パワー -21〜0dBm -24〜0dBm -28〜-8dBm -33〜-8dBm
使用ケーブル UTP ケーブル(Cat.5e 以上)
伝送距離
(参考値)
約20km 約40km 約60km 約80km
ランプ表示 PWR:電源供給状態
OPT:伝送路側リンク状態
LNK/DATA:リンク状態/データ送受信状態
SPEED:端末側速度設定
TST:ループバックテスト状態
CCM TX:Ether OAM送信フレーム
CCM RX:Ether OAM受信フレーム
ディップスイッチ SW1:装置側機能設定
SW2:端末側モード設定
SW3:装置側機能設定
SW4:EtherOAM機能設定
試験機能 ループバック試験機能有(TS-1000/ETH-LB)
使用電源 ACアダプタ  AC100V±10V (50Hz/60Hz)
最大消費電力 約12VA 約15VA
質量 0.5s以下 (ACアダプタを除く)
寸法 190(W)×40(D)×125(H)mm (突起物除く)
VCCI Class B
設置方法 卓上設置(横置き設置/縦置き設置)   光余長トレイ内臓
環境条件 温度:0〜40℃
湿度:30〜85%RH (但し、結露しないこと)


▲ページTOPへ

ME100
項目 内容
品名※1 ME100-R1/M-V ME100-R1/L-V
端末側 ポート数 1
インタフェース 10BASE-T/100BASE-TX
速度 10Mbps(半二重/全二重)
100Mbps(半二重/全二重)
AUTO※2
接続ケーブル UTP(カテゴリ5)
コネクタ RJ-45(MDI)
伝送路側 回線数 1
伝送路 SM型光ファイバケーブル
光ファイバ心線数 1心
コネクタ SC型光コネクタ
波長方式 送信:1.31μm帯/受信:1.55μm帯、WDM方式
送信パワー -9〜-3dBm -6〜0dBm
受信パワー -30〜-3dBm -33〜-3dBm
伝送距離※2 20km以内 30km以内
ランプ表示
POWER:電源供給状態
LINK:端末側リンク状態
DATA:端末側データ送受信状態
100:端末側 10Mbps/100Mbps
FULL:端末側半二重/全二重
OPT:伝送路側リンク状態
LOOP:試験状態
ディップスイッチ SW1:端末側ポート動作モード設定
SW2:装置機能設定
試験機能 ループバック試験(センター装置からの操作による)
使用電源 AC100V±10V (50/60Hz)
最大消費電力 9VA 10VA
質量 約400g (ACアダプタ除く)
寸法 118(W)×185(D)×39(H)mm (ACアダプタ及び突起物を除く)
VCCI Class B
設置方法 卓上または壁掛け設置
環境条件 温度:0〜40℃
湿度:30〜85%RH (但し、結露しないこと)

※1:センター側の回線インタフェースに合わせて、リモート装置側を選択して下さい。センター側が中距離版 (ME3200-IF1/M-N-V)の場合はME100-R1/M-Vを、センター側が長距離版(ME3200-IF1/L-N-V)の場合はME100-R1/L-Vをご使用下さい。同一サブラック内にて、中距離版/長距離版の回線インタフェース盤の混在が可能です。回線インタフェース盤をフル実装しない場合、空きスロットに回線インタフェース盤ブランクパネルを実装して下さい。

※2:オートネゴシエーションと速度10Mbpsに固定したオートネゴシエーションが可能です。

※3:伝送距離は、伝送路に用いる光ファイバケーブルの損失・分散及び光コネクタやスプライス箇所などの結合損失により異なります。


▲ページTOPへ

SFP+
項目 内容
品名 (SFPモジュール) XM-SFP+/SR XM-SFP+/LR
端末側 ポート数 1対(光送信ポート:1、光受信ポート:1)
インタフェース 10GBASE-SR 10GBASE-LR
速度 10G Full 固定
接続ケーブル 2心 MM型光ファイバケーブル
50/125 MMF または
62.5/125 MMF
2心 SM型光ファイバケーブル

SFP
項目 内容
品名 (SFPモジュール) GM3200-SFP/SX GM3200-SFP/LX
端末側 ポート数 1対(光送信ポート、光受信ポート)
インタフェース 1000BASE-SX 1000BASE-LX
速度 1000M AUTO
1000M Full 固定
接続ケーブル 2心 MM型光ファイバケーブル 2心 SM型光ファイバケーブル