HOME > 導入事例 > 株式会社シーファイブ 様
マネージドM2Mサービス 導入事例
導入効果 導入背景 ソリューション 今後の展望
お問い合せ
株式会社シーファイブ様 防犯カメラサービスの付加価値を高めるM2Mをワンストップ提供。遠隔監視による万全の保守で、市場競争力の向上に貢献。
マンションの資産価値を高めるコンサルティングと各種サービスを提供されている、株式会社シーファイブ様。
同社様のサービスのひとつ「防犯カメラサービス」において、マンションに設置した防犯カメラの録画機が正常に作動しているかどうかを監視するために、弊社の3Gモジュール内蔵ルータと3G回線などをワンストップサービスで提供するマネージドM2Mサービスを導入いただいています。
 
導入効果
!導入効果
日常的な動作チェックが難しい防犯カメラの録画機を遠隔監視することにより、故障等の不具合に迅速に対応できるようになった。
ルータ、回線、設定、監視がワンストップサービスになっているため、手間やコストを抑えながら、保守サービスの強化が図れた。
万全の保守体制を組み込んだ「防犯カメラサービス」が可能になり、競合他社と差異化でき、市場競争力が向上した。
導入背景
より万全を期すために、防犯カメラの録画機の動作を24時間遠隔監視。
今回の導入事例の取材にあたり、株式会社シーファイブ様の執行役員でサービスプロバイダ事業部ゼネラルマネージャーの宇野弘様、同事業部情報システム課シニアマネージャーの坂本健様、同課サブマネージャーの深澤昇様にお話をうかがいました。

株式会社シーファイブ 執行役員 サービスプロバイダ事業部ゼネラルマネージャー 宇野弘 様
株式会社シーファイブ
執行役員
サービスプロバイダ事業部ゼネラルマネージャー
宇野弘 様
マンション向けのインターネット接続サービスをはじめ、デベロッパー各社と協働しながら、マンションの付加価値を高めるさまざまなサービスを展開している、株式会社シーファイブ様(以下、シーファイブ様)。同社様では住民のセキュリティのために、マンションに防犯カメラと録画機(DVR)を設置する「防犯カメラサービス」を提供しています。万一に備える防犯カメラとその録画機ですが、事件等の有事の際に故障していては意味がありません。従来はマンションの管理会社が定期的に点検し、不具合があればシーファイブ様に申告して対応していましたが、マンションによっては管理人が常駐していなかったり、また管理人が常駐していたとしても、録画機の場合はカメラと異なり、正常に動作しているかどうかを日常的に確認することは難しいという問題がありました。

そこでシーファイブ様では保守サービスを強化するため、録画機の動作を遠隔監視して、機器の故障に備えるシステムの導入をご決断。インターネット網を介した方法や、携帯キャリアのルータを使用する方法など、さまざまな方法を検証した結果、機器およびネットワークの安定性、マンション管理費を抑えるためのコスト面、住民のプライバシーを確保できるセキュリティ面、シーファイブ様の業務効率、最低ロット数などを総合的に判断され、弊社のマネージドM2Mサービスを導入いただくことになりました。

▲ページTOPへ


導入製品・サービス情報 印刷用PDF お問い合わせ・資料請求
こちらから「マネージドM2Mサービス」のソリューションなど詳細情報がご覧いただけます。 「マネージドM2Mサービス」導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。 「マネージドM2Mサービス」製品導入、資料請求に関してのお問い合わせは、「取扱商品に関するお問い合わせ」からお願いいたします。
導入製品・サービス情報 印刷用PDFダウンロード