HOME > 導入事例 > 株式会社 地球科学総合研究所 様
マネージドM2Mサービス 導入事例
導入効果 導入背景 ソリューション 今後の展望
お問い合せ
株式会社 地球科学総合研究所様 冬場は雪で閉ざされる北海道の山中から、計測データをM2Mで自動送信し、東京でモニタリング。
エネルギー資源の開発や地震防災などを目的に、地中の物理探査を事業とされている、株式会社 地球科学総合研究所様。同社様では2013年10月より、北海道の山中において震動モニタリング調査を実施しており、日々の計測データを弊社のマネージドM2Mサービスを活用して東京の本社に自動的に送信し、監視やデータ解析などを行われています。
 
導入効果
!導入効果
北海道の山中での計測データを、東京の本社にいながら日常的にモニタリングできる。
ルータ機器が-20℃までの環境に耐えられるため、極寒地での計測に使用できた。
機器、回線、設定などがワンパッケージで提供されるため、手間なく短期間で設置することができた。
導入背景
冬場はアクセス不能な僻地における計測データと計測器の動作を遠隔監視。
今回の導入事例の取材にあたり、株式会社 地球科学総合研究所様の新技術推進室室長の淺川栄一様、同室・計測技術グループグループ長の塚原均様、探査部・情報技術グループの谷田和宏様にお話をうかがいました。

株式会社 地球科学総合研究所  新技術推進室 室長  淺川栄一 様
株式会社 地球科学総合研究所
新技術推進室 室長
淺川栄一 様
株式会社 地球科学総合研究所様(以下、JGI様)は、親会社の石油資源開発株式会社様をはじめ幅広い分野の企業や研究機関等の依頼により、地下資源開発、環境防災、建築・土木工事など、さまざまな目的に応じた地中探査を実施しています。

同社様では、あるクライアント様の依頼を受け、2013年10月より北海道で震動モニタリング調査を実施しています。こうしたケースの場合、通常は定期的にスタッフの方が現地を訪れ、計測器からメモリカードを回収・交換し、計測データを確保していました。しかし、今回のプロジェクトは北海道の人里離れた山中での計測であり、12月半ばから5月初旬にかけては積雪のために道路が閉鎖され、足を踏み入れることができないロケーション。5ヵ月間近くもデータ回収を行えないと十分なモニタリングができないことや、計測器を設置して初めての越冬で機器に不具合が発生しないかといった懸念から、計測器にM2Mルータを内蔵して、人がアクセス不能になる冬場でも東京の本社に基本的なデータを自動的に送り、常時モニタリングが行える環境を整えることになりました。

そこで、JGI様では条件に合致するM2Mルータをインターネット等で探され、弊社の製品に着目。実機をお貸ししてテストを行い、その結果、正式に弊社のルータ機器と回線等がワンパッケージになった「マネージドM2Mサービス」を導入いただくことになりました。

▲ページTOPへ


導入製品・サービス情報 印刷用PDF お問い合わせ・資料請求
こちらから「マネージドM2Mサービス」のソリューションなど詳細情報がご覧いただけます。 「マネージドM2Mサービス」導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。 「マネージドM2Mサービス」製品導入、資料請求に関してのお問い合わせは、「取扱商品に関するお問い合わせ」からお願いいたします。
導入製品・サービス情報 印刷用PDFダウンロード